喪中の範囲

喪中の範囲

誰が亡くなった場合「喪中」に入るのでしょう? 喪中の一般的な範囲は、自分を中心として一親等(父母・配偶者・子)と、同居している二親等(祖父母・兄弟・孫)になります。 たとえ同居していなくても、ご不幸にあった方が二親等で、悲しみの気持ちが強い場合は、喪中ハガキを出しても不自然ではありません。

文例・テンプレート

喪中に関する知識